2019/02/25

開化堂の職人。


現在、開化堂では6名の職人たちが、日々茶筒づくりに携わってくれています。その中で「家族でいうと、一番上のお兄ちゃん」。そんな感じでまわりの職人からも慕われている石場くんを今回はご紹介します。

うちに来てくれるようになって、もう少しで10年の彼ですが、うちに来る前は、大学で演算処理の研究のために、計算と実験、データ収集に明け暮れる日々の中「これを一生の仕事にするのは違うなぁ」と思ったそうで、もともと少し興味のあったものづくりから職人を目指すようになり、学校を入り直して、うちに来てくれるようになりました。

最初の頃の印象は、若くて初就職ということもあってか、一言で言うと少し線が細くて、話好きな親父やおかんや僕と違い、どちらかというと、寡黙で淡々と物事を進めていくタイプかなと。でも、しっかりと将来を見据えている部分も根っこに持っていながら、ゆるさもあって人間的にもすごく面白い子やな、という印象でした。
普段、仕事をしながらの会話もありますが、実演などで県外やNYやミラノに一緒に行ったりするときなど、少しまとまった時間が取れる時は、開化堂とは?とか、将来はこうしていくのもいいな?などの話をしたり、時間を共有することで言葉や数字だけでは伝えられない部分を僕なりに共有してきました。



NYでの実演やミラノに行ったときの写真です。

今回改めて本人から少し話を聞いてみると、
『開化堂で働くようになってもうすぐ10年ですが、一生懸命ものづくりを覚えて、作ってをしてたら、ほんとにあっという間という感じですね。でも最近は、後輩も増えて自分だけの技術向上ということだけではなくて、茶筒を作っていく上で、教えてもらったやり方を守りつつも、それを複数の職人でやっていくためにはどう教えるのかということを考えることが多くなりました。
例えば、茶筒づくりの要所になる所は、かなり技術力のついた後輩の原くんにお願いしながら、全体として流れるように他の職人ともできるだけコミュニケーションを取りながら、僕も作業をするようにしています。』

『以前は、実演に行っても少し漠然と販売する感じでしたが、今は、シーズンや場所などの条件を考えながら、茶筒をいくつ持っていってどの程度販売できるかなど数値化しながら動いたり、その日、その月の茶筒の製造個数を踏まえて、作業の効率化できることはあるか、ということもやはり考えるようになりました。でも、一番意識しているのは、効率化が必要な場面などでも、何を変えて、何を変えないのか、といった『開化堂らしさ』につながる部分を強く意識するようになりました。』


皆、毎日一生懸命茶筒づくりに取り組んでくれています。

いつも通り淡々と話す彼ですが、みんなを動かしながら毎日を進めてくれていて、しっかりとものづくりの基盤を作るところまでに太くなってくれてるなと改めて感じました。
今までの自分を変えながらも、毎日のものづくりが動いていくために日々尽力してくれいるありがたい存在となっています。

そして、そもそもの手づくり茶筒の価値や、何が開化堂らしさにつながるのか、ということを意識してくれているのは、とても嬉しいことです。

僕自身も意識していることですが、つくり手が変わっても、茶筒の品質は絶対に変わってはいけないし、いつでも職人が修理したりできるようにいないといけないと思っています。それは、親父も祖父も曽祖父も、今まで開化堂の先代たちが続けてきてくれたことでもあるし、つないでいく努力を惜しまないことが僕の役割でもあると思っています。

とは言え、皆様にはそんな堅苦しいことを意識していただく必要はありませんので(笑)。お茶筒を手にとっていただけた際に、ほんの少し、つくり手のことに思いを馳せていただけると嬉しいです。もちろん、店頭や実演などでお目にかかれる際は、ぜひお声掛けください!上手に話せる職人ばかりではありませんが、今の開化堂を感じていただけるきっかけになると思います。


2018/12/05

茶筒を感じていただけるカフェ。

お陰さまでKaikado Caféをオープンして、はや2年が過ぎ多くのお客様にご来店をいただいております。
スタート当初にはなかったスープやポトフの軽食や、ご好評いただいてますチーズケーキもテイクアウトをご用意できるなど、フードメニューも充実してきました。
ドリンクメニューも、焙煎人である中川ワニさんから定期的な指導をいただき、常に美味しいコーヒーをご提供できるように、スタッフも日々スキルを向上させていたり、EN TEAの茶師である松尾さんのご協力により、季節に合わせたお茶をご提供できるなど、こちらも充実してきました。






そして、年を追うごとに棚に並べてある珈琲缶が、だんだんと色変化を見せてくれています。毎日スタッフが手にとって撫でたり、コーヒーを淹れるために使用するたびに触ることで、それぞれの缶が成長するように変化しています。こういった変化を直に感じていただけるのが、実はCaféの一番の特徴だと思っています。
Caféにお越しの際は、都度、変化の進み具合を見ていただけると楽しいと思います。

それに色変化だけじゃなく、実際にコーヒーを淹れる時の使い方をみていただけたり、カウンターに並べた茶葉入りの茶筒を直接手にとっていただいて、使い心地を感じていただくことができますので、遠慮なく触ってください。
もちろん、販売もしてますので気に入っていただければお買い上げください!(笑)



昔、お茶が盛んに飲まれていた時代には、開化堂の茶筒は、お茶の生産地からの「通い缶」として、繰り返し使える道具としても使われていました。だから、保存性を高める気密性や頑丈さが欠かせませんでした。そんなことにも思いを馳せながらご覧いただけると嬉しいです。

これからも、茶筒を傍らに感じていただきながら、コーヒーやフードを召し上がっていただける場として、Kaikado Caféを今後ともよろしくお願いいたします。


2018/10/05

CRAFTS PEOPLE

10月17日(水)まで、Kaikado Caféにて開催しています職人展「CRAFTS PEOPLE KAIKADO & NAKAGAWA-MOKKOUGEI」。
おかげさまでオープニンパーティーを含め、多くの方にご来場をいただいております。ありがとうございます!






2回目となります職人展ですが、今回は、開化堂の職人達だけでなく、中川木工芸 比良工房と京都精華大学の学生や海外からのインターン生も参加した作品展示となりました。

そして今回は、ただ作品を見てもらうのではなく、販売できる作品を作ることだけ条件とさせてもらい、それ以外はできるだけみんなにまかせる形で開催しています。会の告知用に制作したハガキやポスターも「若さ」「躍動感」といったキーワード出しから、ビジュアルの方向性もできるだけ自分たちの意見を出してもらって制作したものです。



出展している作品も、普段の仕事で身につけた技術から発想した作品から、まったく別のアプローチで制作した作品など、各人の個性が感じられる作品が揃いました。贔屓目ではありますが、みんなよくがんばったなと感じると同時に、今後まだまだ自由に、ワクワクでるき可能性があると感じられる会になったと思っています。









会期はもう少しとなりますが、中には手にとって触っていただける作品もありますので、ぜひ、コーヒーを飲みがてら、職人たちの作品をご覧いただけたらと思います。



2018/09/07

銀座・手仕事直売所にお越しください。


銀座・手仕事直売所
2018年 9月26日(水)〜10月2日(火)開催
 
10周年を迎えられる「銀座・手仕事直売所」に、
今回も参加させていただくことになりました。

毎回、全国各地の作家さんやクラフトマンが集まる場でもあるので、私自身も楽しみに参加させていただいています。

そして、今回は大変有り難いことに、「開化堂特集」として特設ブースを設けていただけることになり、過去製作していた歴代の茶筒や、最新の商品をはじめ、ブログでも少し触れました「かつて薬屋を営んでしのいだ時代」に使っていた看板や写真など、開化堂の歴史を感じていただけるような展示もしていただけます。

また、イートインとしてKaikado Caféも出店して、普段は京都にいる店長の川口が珈琲を淹れます。

さらに、明治大学准教授 鞍田 崇さんが聞き手となって行われる“手仕事トーク”と題したトークイベントで、出西窯の多々納真さんの次に、僭越ながら私もお話をさせていただきます。

今回は、普段は京都ある開化堂を、そのまま銀座に持っていくような、そんな盛りだくさんな内容になっていますので、皆様のご来場をお待ちしております。

__

詳しい情報はこちらを御覧ください。
銀座・手仕事直売所

明治大学准教授 哲学者 鞍田 崇氏 “手仕事トーク”

第1回 <出西窯>多々納真氏
9月29日(土)14:00から
参加費:無料 定員:70名様

第2回 <開化堂>八木隆裕氏
9月29日(土)15:30から
参加費:無料 定員:70名様

トークイベント・ワークショップのお申し込みは
松屋銀座さんのホームページでweb予約となっています。

__

2018/08/24

開化堂のこれまで。

今回は、開化堂の歴史を少し振り返ってみたいと思います。

今でこそ、テレビや雑誌などで取り上げて頂く機会も増えて、多くのお客様にお茶筒をお買い上げいただけるようになりましたが、今までの開化堂のことを、祖父母や父から聞いた話で振り返ってみると、常にそういった順風満帆ではありませんでした。


第二次世界大戦では、金属類回収令が発令され、お茶筒の材料自体が統制品にかかる中、食べていくためにこっそりとお茶筒を作っていたのが発覚し、逮捕される事もありました。終戦を迎えた後も海外からの機械製品の波に押されて、薬屋さんをやりながらお茶筒を作っていたようで、大変厳しかったようです。機械製は良いもの、手作りは古臭いもの、そんな風潮だった時代でした。

ただその中で悪い事ばかりではなく、「お前んとこはえぇもんだけ手で作っとけ、うちが買うたるさかい」と応援していただけるお茶屋さんもあり、何とかやってこれたようです。自分のプライドもあったのでしょう、また資金の面もあったのかもしれません。機械製にはせず、手作りで気密性や使いやすさを出すことにこだわって作ってきました。

そうするうちにじわじわとお茶筒を買っていただけるお店さんが増え、お茶筒だけを作ることで生計を立てられるようになりました。さらにありがたいことに天皇陛下献上の機会もいただきました。その頃は名古屋から西、山陰瀬戸内地方に地道に売り歩いた時代でした。




今度は、大量生産・大量消費の時代に入っていきます。その波は開化堂にもやってきます。QualityよりもQuantityを求められる時代となります。相対的な売り上げは上がる一方、数も求められる時代になりました。手作りだけど、安く大量に作ることを求められる。しかも相手は低コストで作れる機械製品。何とか値引き交渉にも耐え頑張ってきたところにバブル崩壊が・・・。

そんなことを肌で感じている5代目である父からすると、跡を継がせることを勧める気にはなれなかったようです。「こんな仕事あかんようになる。サラリーマンしとけ」と言われ、特に疑問に思う事もなく一般企業に就職しました。

日本のお土産物を海外からの旅行者に販売する仕事をしていた時に、とあるお客さまがお茶筒を買い求めるのを目にします。ふと感じることがあり、何に使うのかと聞いてみました。するとその答えが「キッチンで使うわ」だったのです。お土産としてだったら何も感じなかったかもしれません。自分の暮らしの中で使いたいという返答を聞いて、日本だけじゃなく他の国の文化にも受け入れられるかもしれない、売れるかもしれないと思いました。その瞬間から家業を継ぐということが自分に降って湧いてきました。

その後、茶筒作りを父から学び、卸中心の販売形態から一般のお客様に買っていただけるように見直し、店舗を構え国内で実演販売をし、海外への販路も開拓していくようになりました。




駆け足ですが、開化堂の流れを紹介してみました。

もし祖父が手作りのお茶筒を作ることを諦めていたり、父が質より量の時代に合わせていなかったら、今の開化堂はないと思います。

今、自分たちが感じることとして、背中に父や祖父を感じ、同時に自分の子供のことも考える。そんな時に何が重要で、何にこだわって、次に何を繋げていくのかを自分中心ではなく、考えることが大切なのではないかと思います。

それを考える時には、お茶筒を作ることの中で教わったことだけでなく、日常の暮らしの中で教わった開化堂らしさこそが、大事なことだと感じています。


2018/04/28

ここでしか味わえないこと。


以前の記事では何度か職人を紹介しましたが、今回はお店の女性社員をご紹介します。

彼女は、2012年の入社以来、店頭での接客をはじめ、事務や梱包作業など様々お願いしています。どの仕事も丁寧に取り組んでくれていて、特にお客さまとの接し方が上手だなと思っていましたので、今回はそのあたりのことを本人から聞いてみることにしました。

もともと雑貨好きという彼女は、開化堂の茶筒も百貨店や雑誌でみてすごく気になっていたそうで、それも入社してくれた理由だったようです。

『入社する前に、こだわりのある雑誌で度々『お茶筒・開化堂』を目にする機会があり、いいなぁ、私もいつか欲しいなと思って憧れていました。入社してからは、お茶筒を作っている職人の皆さんや、商品の良さをきちんと理解できたお陰で『不安のない商品を売っている安心感』を持ちながらお店に立つことができるので、お客さまもこのお茶筒が好きなのかな?好きになってくれると嬉しいな、と思いながら接しています。
でも、会長(五代目)は「すごくお薦めはしなくていい」という思いをもたれているので、それは意識していて、お客さまが何か迷われていたり、変化を感じたらこちらからお声掛けするようにしています。』

確かに自分でも、お店に入った途端やたら薦められたりすると、欲しいと思っていても気持ちが冷めてしまった経験がある。だけど、あまりほったらかしにされるのも寂しい。その加減はなかなか難しい。

『開化堂のお店は通りから少し入った場所にありますので、通りすがりではなくお客さまのほうで茶筒が欲しい、気になっている、という場合が多いので、お話する際は「私が言いたいこと」ではなくて、お茶筒をどなた用に買われるのか、何用に使うのか、どの位の量で、などの情報を伺いつつアドバイスさせていただいています。

私自身も欲しいと思っていた一人なので、どんなことを言ってもらえると買いやすいかなど、共感していただける部分を大事にしています。
でも、来ていただいた嬉しさもあって、どちらからお越しいただいたのか、この後のご予定なども伺って、周辺の観光情報のことなどお話することもありますが、最近はお客さまから教えていただくことのほうが多くなりました(笑)。お客さまとお話することで、旅行のよい思い出づくりのお手伝いもできれば嬉しいですね。』



彼女をはじめ数名がお店に入ってくれていて、細かな指導をしているわけではないですが、お客さまの気持ちや希望にどうお応えすればよいか、ということをすごく考えてくれているのがとても嬉しい。また、他の社員のことも是非お伝えしたいと思います。


茶筒を買っていただくかどうかよりも、京都のこの場所にきて、商品を手に取り、彼女たちと会話を交わすことでしか感じることのできないことがたくさんあると思います。

彼女たちとの、気持ちの良い会話だけでも味わいに来ていただけると嬉しいです。



2018/04/02

お茶の時間を楽しむ「菓子缶」できました。


お茶の時間を、より楽しんでいただける新商品「菓子缶」ができました。

イギリス発祥のアフタヌーンティーで使われているティースタンドのような形の、新しい商品はできないかと考えて生まれた商品です。

4寸2分の茶筒(直径13cm、高さ19cm(取っ手含む))に、フチ付きトレーが2段になったトレ―スタンドがセットになった商品です。平らなお皿上のトレーではなく、フチがあることで転がりやすい豆菓子などでものせることができます。

トレーにお茶菓子をのせてそのままテーブルに運んでもいいですし、お客様にお出しする場合は、お茶菓子をセットした状態で茶筒のままテーブルに運んで、トレーを引き出すと色とりどりのお茶菓子が登場する、といった演出もできますので、お客様にも喜んでいただける商品だと思います。




今の所、ブリキと真鍮の2種類をご用意しています。
※生菓子など、保存用には適しておりませんのでご注意ください。



今後、ひと回り大きな6寸5分(直径15.8cm、高さ22cm(取っ手含む))も制作予定です。

この「菓子缶」は、名古屋タカシマヤ様での実演販売【4月11日(水)〜24日(火)開催】にて販売を開始しますので、気になる方はぜひ実物を見にお越しください。

もちろん、通常の茶筒の販売も行っております。
期間中、茶筒をお買い上げいただいた方には茶さじをプレゼントしております。職人が在席します【21、22日】にはその場で茶さじに無料で名入れいたしますので、皆様のご来場をお待ちしております。